利用者の性別や年齢層、職種に特徴はありますか?

20~30代の男性が特に多いですね。年齢だけでいうと20代の方の利用が目立ちます。業種としては営業や介護福祉士、製造業が多いです。

正社員とアルバイトでは、正社員が9割ほどを占めていますね、地域でいうと、やはり東京や神奈川、大阪などの都市は地方と比べると多めです。


編:なるほど。看護師はどうですか?


もちろん看護師さんからの依頼もありますし、問題なく引き受けていますよ。上で挙げた業種に次いで看護師さんは多いかもしれないです。年齢に偏りはありませんね。

看護師であれば次の職場もすぐに見つかるみたいなので、余裕があるのかもしれません。


編:利用にあたって業種は関係ないんですよね?


そうですね。過去には公務員、お医者さん、社長さんなどの退職を成功させておりますので。会社規模、職種、全く影響はありませんのでご安心くださいませ。

問い合わせはLINEでOKとのことですが

メールや電話にも対応していますが、LINEが一番多いですね。相談から依頼、退職代行完了後の事後連絡も全てLINEで完結しています。


編:静岡のニコイチ本社を訪れたり、ビデオ通話をする必要はありますか?


いえ、まったく。LINEでのやり取りで大丈夫です。

相談を受け付けている時間帯について教えてください。

早朝6時から深夜0時間で営業しています。24時間体制ではありませんが、0時以降~早朝6時以前の問い合わせはほとんどなかったことが理由です。


編:それじゃあ出勤前の退職も可能なんですかね?例えば看護師さんのシフトで、朝8:30出勤で、即日退職もできますか?


可能ですね。6時から営業開始しているので、依頼をしていただければすぐに勤め先へご連絡します。その日から退職しなくてOKです。

アフターフォローなどはありますか?

2カ月間のアフターフォロー期間を設けています。退職の電話後、依頼者が油断して退職届を送り忘れるといったこともあり、職場から電話がいくことがあるようなんです。

そういった際に、依頼者さんから私たちに「職場から電話が来ているんだけど」という連絡が来ることがあって。アフターフォロー期間であれば、「それは退職届を郵送していないからかもしれません」などの案内をしています。

同じ人が複数回利用出来ますか?

出来ますよ。実際、100名に1人くらいはそのような方もいます。最高5回利用した方もいましたね。


編:信頼関係もあるんでしょうね。


そうですね。サービスに満足して使っていただけているのかも、と考えております。

スポンサーリンク

ニコイチの料金について

料金について教えてください。

はい。ニコイチの退職代行サービスは27,000円ぽっきり。追加料金なども頂いていませんし、オプションなどもありません。どなたでも料金は一律です。

万が一退職できなかった場合は全額返金となりますのでご安心を。とはいえ、これまで退職できなかったということはありませんが。

他社と比較してもリーズナブルな料金設定ですよね。

編:27,000円ポッキリという価格は、実績込みだと業界最安値だと思います。安いのは嬉しいことですが、逆に怪しいという不安心理もあると思います。


そうですね。この価格にした理由は2つあって。1つは20~30代の方でも利用できる。2つ目は退職後に収入が不安定になることを考慮して、少しでも負担を減らしたいという思いからです。

当社のオペレーションを最適化することで、サービスを維持できる限界の金額で提供しています。

ニコイチの実績について

スポンサーリンク

これまでにこなした案件数はいくつになりますか?

退職成功者の数はこれまで5,300人を超えました。創業14年、退職代行を始めたのは6年前(2019年時点)なので、同業の中では一番歴史があります。元祖といってもいいでしょう。

相談件数や依頼案件は月間何件ほどありますか?

2017年末頃から特に退職代行がメディアに取り上げられるようになったこともあり、現在は毎月400件以上の相談を受けています。その中から200~300程の方から実際に依頼して頂いていますね。


編:相談からの成約率でいえば50%を超えていますね。


そうですね。無理なセールスをせず、丁寧にサービス内容を説明している点が評価されていると考えています。スタッフ1人あたり1日で20の案件をこなすこともありますよ。


編:それは多いですね。どんな日が忙しくなりますか?


やはり週明けの月曜や連休明けですかね。

退職成功率はどれ程のものでしょうか?

おかげさまで100%を継続しています。


編:100%はすごいですね!


そうですね。実際のところ、労働者が退職できることは法律で定められているので退職出来ないということはないのです。

逆に、退職代行サービスでは扱えないような内容が関わる案件(未払い残業も請求したい)は断っているので、引き受けた案件は100%退職できているんです。

退職代行サービスユーザーへのアドバイス

スポンサーリンク

どのような方々にサービスの利用を勧めますか?

主な悩みは6つですね。

・入社した職場が合わない

・辞めたいけど自分で言える状況ではない

・上司に伝えたが引き止められた

・人手不足であると言われた

・理由をつけて退職を認めてくれない

・退職したいけど言い出せない


そのほか上司との関係が良くない、給料が安いから転職したい、業務が思っていたものと違うなどの理由があります。いずれにしても、これらを理由に退職できないというおかしな世の中になってしまっているのは確か。

そのため、私たちが解決のサポートをさせていただいています。

関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事



スポンサーリンク