危険な代行業者を見分ける際のポイントはありますか?

値段が高すぎる業者、安すぎる業者など相場とかけ離れた料金設定をしているところは避けた方がいいかもしれません。

他の業者さんのサイトを見ても分かる通り、現在の退職代行サービス相場はおよそ3万円です。それにも関わらず、5万円などこうがくを支払う必要はないかと思います。

値段が極端に安い業者に関しては以前見かけた事例があります。限定10名まで、9,800円や15,000円と宣伝されていましたが、利用者が申し込んだところ入金後に連絡がとれくなったそうです。

「社会人なのだから、退職代行を利用せずに自身で伝えるべきだ」という意見もありますが?

これまでの経験上、全ての依頼者が自分で退職のことを言った方がいい、ということを理解したうえで代行サービスを利用しています。

とはいえ、勤め先による退職するなら1カ月前に伝える、次の人を見つけてからにしてほしい、などの無理な引き止めにあっていると直接伝えることは難しいというのが現状です。

仕方がないので退職代行サービスを利用しているのです。

ユーザーさんからよくある質問・不安点はありますか?

そうですね、次に述べる3つの質問を訪ねる利用者さんが多いという印象です。

ひとつは、ちゃんと退職できるのか?です。比較的新しいサービスですし、有名になったのも最近なので本当に退職できるか不安に感じる方が多いようです。

もうひとつは入金後の流れについてですね。入金したら連絡が取れなくなったりしないですか?ということを聞かれることがあります。

いずれの場合もサービスについて詳しく解説し、ご納得して頂けています。


もう一つは、退職代行サービスは非弁と聞いたけど?違法じゃないの?という質問です。

【補足】非弁とは?

ここで「非弁」という言葉についてKango編集部が解説しておきます。

非弁、正式には非弁活動といいます。弁護士ではない者が、報酬が発生する案件として法律に関わる出来事に携わることです。

非弁活動は法律で禁止されています。

確かに非弁・違法という意見はよく聞きますね。

スポンサーリンク

これに関しては、私も他の業者も共通しているとは思うのですが、退職代行サービスは非弁ではありません。

退職代行サービスはどうして違法ではないのか?労働問題を扱う弁護士事務所とは何が違うのか?という質問に対しても、退職代行サービスは非弁ではないと答えています。


編:やはり非弁ではないんですね。


そうですね。例えば損害賠償を請求されている、残業代の未払いや賃金の支払いでもめている方であれば、それは法律に関してくるため弁護士に相談するべきです。そのようなトラブルは退職代行業者では扱えませんし、依頼が来ても断っているのです。


編:なるほど。


一方、会社とトラブルがあるわけではなく、ただ単に退職を伝えるだけであれば退職代行サービスが利用可能なのです。


編:そういうことですね。弁護士さんに依頼する場合はやはり金額も変わってくるんですかね?


弁護士さんに依頼した場合、退職代行料金に加えて、有給消化・未払い残業代・退職金などの交渉を行って獲得できた成果の20%ほどが更に報酬として設定されていることが多いようです。


編:ただ単に退職の電話を伝えるだけならば、代行サービスを利用したほうが経済的ですね。


そうですね。実際、弁護士さんの中でも代行サービスだけであれば弁護士資格が必要ではない、と述べている方もいます。訴訟や未払い給料の請求、などの交渉を行わない限りは非弁となりませんし、そのような案件はニコイチではお断りしていますので。安心して利用してください。

これまでにトラブルなどは起きていないんですか?

依頼を受託した案件に関しては成功率100%で、会社とのトラブルなども起きたことはありませんね。上述した退職代行の業務範囲外の依頼に関しては、きちんとお断りしています。

その点を考慮すると、プロである私としては相場の3万をこえる料金を要求する業者を利用するメリットはあまり無いと考えます。

最後にユーザーの背中を押す一言などあればどうぞ

退職代行とは、人の命を救うサービスだと思っております。インタネットの力を活用し退職代行を利用されるほどまでに追い込まれた方が、良い転職先を見つけるところまでもサポートしたいと心から思っております。

仕事のことで苦しんでいるのであれば、気兼ねなく頼ってほしいですね。

【総括】退職代行ニコイチって怪しい?失敗することはない?

以上、退職代行ニコイチへのインタビュー内容をまとめました。本当に退職できるの?と心配な方も、これを読めば絶対に退職できるという事が分かったのではないんでしょうか。

お金を騙されるという事もないことは明らか笑。安心して利用しましょう!

合わせて読みたい記事はこちら

スポンサーリンク
関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事



スポンサーリンク